最初の段階!借入れ診断

借入れ診断では何を判定しているのか

カードローンを比較していると、借入れ診断をホームページ上に設けている金融業者があることに気が付くでしょう。簡易審査や仮審査といった名称で借入れ診断を行っている場合もありますが、基本的にはスコアリング審査という方式を簡易的に行っているだけです。借入れ診断を行なうと、数秒から長くても30分以内には借入れ診断結果が表示またはメールで送られてきます。年収、勤続年数、他社借入件数といった情報に加えて他社借入額という個人情報以外の部分を点数化して、カードローン商品が求めている利用者層以上の信用力を持っているか判断するわけです。匿名希望状態で、同じ条件の人ならば目の前のカードローンに申込んで審査に通過する可能性があるかどうかを判定します。

本審査に進むまでは正式な申込みをしたことにならない

借入れ診断を行なった段階では、個人情報を入力していないので、本審査に進んだことになりません。本審査に進むと、個人信用情報機関へ信用情報照会が行われ、カードローン申込みを行なった事実が最大6ヶ月間記録されます。短期間に多数のカードローン申込みを行なうと、申し込みブラックとして審査に通りにくくなるので注意が必要です。借入れ診断を行なった結果、審査通過見込みがあると考えられるカードローンを厳選して、最終的に残った商品に本審査申込みを行えば良いでしょう。借入れ診断は、本審査通過可能性を予測してカードローン商品の難易度を測るために使うことが出来ます。金融業者にとっては、最初から審査落ちする人に対して申込みを踏みとどまってもらい、無駄な申込みが増えないように抑制する意味合いを持っているわけです。

© Copyright Need Loan.All Rights Reserved.