必ず確認!!金利について

あなたのカードローン金利は高くないですか?

カードローンの金利については、貸金業法改正以降、グレーゾーン金利がなくなってから、各社ともそんなに違いはなくなってきています。
それでも差があるとすれば、消費者金融系と銀行系では上限で3~4%の金利差があり、消費者金融系の金利が高く設定されています。
一般的に銀行系は審査基準が厳しく、手っ取り早くお金を借りたい人は消費者金融系を選択してしまうのですが、この3~4%が大きな差を生じさせます。
一言で3~4%と言っても年間の返済金額にすると大変な差額になり、単純計算でも50万円の借入で1.5~2万円の違いになってきます。
また、金利には借入枠金額か大きいほど金利が低くなるように設定されています。
これは借入する人の信用度、言い換えれば返済できる収入が多いほど金利が低くなるという理由です。

カードローンの利用方法と返済について

カードローンを利用する場合に大切な事は、借入する人が自分の返済能力をしっかりと認識しておくことで、返済能力を超えないように資金計画は慎重に行いましょう。
また、返済金額の仕組みも大差はないと思いますが、ローン会社によって微妙に違っているので注意が必要です。
例えば、借入額が50万円までは1万円、100万円までは2万円の返済金額といったように借入額によって返済金額が決まっています。
更に注意が必要なことは、返済日もローン会社により違いますので確認が必要です。
給料日が25日なのに、10日とか17日が返済日になる場合は、給料日から半月もたっての返済はかなりきついので、給料日の直後に設定するなどの工夫が必要です。

© Copyright Need Loan.All Rights Reserved.